妊娠中の仕事

妊娠中の仕事

妊娠中,仕事

 

妊娠中の仕事は、赤ちゃんの健康に影響が出てしまう仕事でもない限り、原則続けて大丈夫と言えます。

 

とは行っても すべてを妊娠前と同じに、というのは難しくなります。

 

通勤ラッシュなど体に負担になる要因も沢山ありますし、健康管理なども何かと気をつけたい点が増えてきます。

 

そのためにも 職場の上司や同僚へきちんと報告して理解をしてもらうことが重要になります。

 

会社によっては ラッシュ時を避けて 時差通勤や在宅勤務なども認められる場合があります。

 

また、急な体調変化や通院などで 出勤できないという日も増えやすくなります。

 

その際にカバーしてもらうためにも周囲の協力が必要となってきます。

 

オフィスワークだけど たまに重い書類を持つなど 力仕事もある、という方は できるだけ早めに周囲へ告知しておくに越したことがありませんね。

 

産休・育児休暇中の仕事の引継ぎ段取りなども含めて はやめに動いておきましょう。

 

 

 

 

妊娠中に仕事を続ける際にストレスになるのが 集中力が落ちてしまう、という点だと思います。

 

同じ仕事を続けているのに 以前よりもしんどくなってしまう、細かいミスが出てしまうといった症状を訴える妊婦さんは多いのです。

 

これには妊娠中の貧血が大きく関わってきます。

 

葉酸や鉄分をしっかり摂って 集中力をできるだけ保ち 仕事でストレスをためこまないようにしましょう。

 

 

また、いつも通りに仕事がすすめられない場合 フォローしてくれる同僚には感謝の気持ちを忘れずに持つことも重要です。

 

もちろん妊娠中にも仕事を続けることは 何かと大変。

 

ですが、周囲があれこれやってくれて当然!という態度は反発されてしまう原因になります。

 

せっかく今まで築いてきた信頼関係にヒビを入れるきっかけになるかもしれません。

 

思ったように 仕事をフォローしてもらえない、引継ぎする人が決まらないなどでストレスになることも多い時期ですが、問題があればすぐに上司に相談するなどして解決するようにしましょう。