妊娠中の便秘対策

妊娠中の便秘

妊娠,便秘,対策

 

お腹がスッキリしないと 気が散ることがありますよね。

 

妊娠中は便秘になりやすく、もともと便秘がちだった方だけでなく、お通じでトラブルがほとんど無かった方でも酷い便秘に悩まされることがあります。

 

なぜ妊婦さんは便秘になりやすいのでしょうか?

 

妊娠中の心身にかかるストレスも便秘になりやすくしている原因ですが、一番の要因としては妊娠による急激なホルモンバランスの変化です。

 

妊娠により 腸の働きを緩める働きのあるホルモンが活発になることが原因です。

 

ですので 今まで通りの食生活をしているくらいでは 多くの方が便秘になりやすくなるのです。

 

 

そして妊娠中に起こる変化はホルモンバランスだけではありません。

 

 

妊娠初期なら つわりなどで食事が満足に取れなかったり、食の好みがガラリと変わったりする時期でもあります。

 

さらに、妊娠中期・後期になると子宮が大きくなることで胃や腸を圧迫してゆき、これが便秘を招きやすくする原因になります。

 

 

このように妊娠中は便秘になりやすい要因が沢山あるのです。

 

誰にでも起こりうることですので しっかり対策を行なうようにしましょう。

 

 

妊娠中の便秘対策は食事の見直しから

 

妊娠,便秘,対策

 

便秘になりやすい妊娠中は、食生活を見直す必要があります。

 

まずは食物繊維を意識して多く取るようにすることから始めましょう。

 

サラダなどの葉物だけでなく、大豆や海藻などもバランスよく取り入れるようにしましょう。

 

また 水分補給も重要です。

 

今まで以上に こまめに水分を取るようにしましょう。

 

また、腸内環境を整えるためにビフィズス菌などの善玉菌を摂ることも大事です。

 

ビフィズス菌や乳酸菌は 一般的なヨーグルトなどから摂取する場合は 生きて腸まで届きにくいことで知られています。

 

ですので おなかが気になる時だけでなく 一定期間食べ続けて 腸まで毎日少しづつ送り届けるようにする、あるいは生きて腸まで届く乳酸菌が配合されている食品を利用するなど工夫が必要です。

 

 

妊娠中は運動も

 

妊娠,便秘,対策

 

妊娠中に便秘になりやすいという理由の一つに運動不足も上げられます。

 

つわりで横になることが多い妊娠初期から 動くのがおっくうになる妊娠後期まで 日常生活での運動量だけでもかなり落ちます。

 

体調などを見ながら 軽くウォーキングをするようにするなどして 対策するようにしましょう。

 

地域で 妊娠中の方向けのヨガや運動教室などがあれば参加してみるのもおすすめです。

 

 

そして便秘対策といっても、ごく一般的な便秘のお薬は使ってはいけません。

 

場合によっては流産の原因となってしまうためです。

 

便秘が辛いという時は お医者様に相談するようにしましょう。